特殊な土地の具体的な評価手順から評価明細書の作成までを網羅

土地評価実務に当たっては、財産評価基本通達のおかげで作業の効率化が
図れます。

しかし、財産評価基本通達に規定のない土地が多数存在することも事実であり、
規定がないからといって評価を避けて通ることはできません。

また、規定があるにもかかわらず、あまり出会うことがないため、何を調べ
具体的にどう評価すればよいかがわからないという場合もあるでしょう。

さらに土地評価の専門書では、「余剰容積率の移転がある土地」など、われわれ
プロでもほとんど出会わない土地が解説されているにもかかわらず、比較的よく
ある「定期借地権付き分譲マンション」、「再建築不可の土地」、「路線価が
付されていない行き止まり道路の奥に位置する土地」などの詳細な解説や具体的
調査手順等はほとんどありません。

この講座では、グレーゾーンに属するような土地も含めて、特殊とはいえ頻出
する悩ましい土地の評価手順、調査方法、考え方等をひとつの解決策として紹介
します。

ぜひ実務で参考にしてみてください。


本講座の対象:所長税理士先生、資産税担当者
・ 特殊ではあるが頻出する事例の対処方法を確認したい先生
・ 書籍に載っていない実務的な判断事例を確認したい先生
・ 過大評価を防ぎたいと思っている先生
・ 相続土地評価を正しく行いたいと思っている先生
・ 今後相続案件の増加が見込まれる事務所の先生

講義内容の一部

  • 1.定期借地権付きマンションの敷地

  • 2.事業用定期借地権の設定された店舗敷地

  • 3.アパート敷地と位置指定道路である行き止まりの私道

  • 4.再建築不可の2階建て住宅の敷地

  • 5.路線価の付されていない行き止まり私道の奥に位置する土地


講師プロフィール

鎌倉  靖二氏プロフィール写真
鎌倉靖二書籍一覧
鎌倉 靖二(かまくらせいじ)
不動産鑑定士

みらい総合鑑定株式会社 代表取締役。福岡市生まれ。
修猷館高校、明治大学政経学部卒業後、
大和ハウス工業株式会社を経て、相続・同族会社専門
の不動産鑑定事務所として2010年創業。
「会計士・税理士先生の業務負担軽減と申告時の
安心」
「相続人の方々のための節税」
を業務の2本柱としており、ホームページ経由で
相続人からの相談も多い。

現在、日本全国の税理士事務所、会計事務所向けに
広大地案件をはじめ相続・贈与における土地評価の
サポートを行っており、同族会社間取引時の
鑑定評価を多数行う他、財産評価基本通達の規定では
時価よりも高く算出されてしまう無道路地など
の鑑定評価、広大地案件や特殊な土地評価の
サポート実務のために、関東近県のみならず、
九州から北海道まで東奔西走の日々を送っている。
主な著書に
『土地評価の実務 減価要因の見つけ方・気付き方』(清文社)
「相続税・贈与税 土地評価実務テキスト」
(税務研究会)
『広大地評価ケーススタディ』(中央経済社)
等がある。

税理士会等でのセミナー研修、講演多数。
税理士会では以下にて研修実績あり。
麻布支部、荒川支部、杉並支部、世田谷支部、江戸川支部、市川支部、横須賀支部、保土ヶ谷支部、戸塚支部、川崎北支部、藤沢支部、浦和支部、富山県税理士会、山形県税理士会、会津若松支部、東淀川支部、名古屋中支部、小牧支部、中国税理士会(5県6会場統一研修会)、南九州税理士会鹿児島県

広大地評価に関連するスキル・業務経験

私の過去の経験、鑑定評価のスキルがありますので日本全国対応可能です。

無料診断及び机上調査は日本全国47都道府県すべてで実績があります。

現地に赴いての調査及び評価は、以下の都道府県で経験があります。
北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、新潟県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、山梨県、富山県、石川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、京都府、香川県、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

税理士会等での研修・セミナーは以下で経験があります。
北海道、宮城県、福島県、山形県、栃木県、茨城県、新潟県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、山梨県、富山県、石川県、福井県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、大阪府、京都府、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、山口県、福岡県、長崎県、鹿児島県、沖縄県

(平成30年3月1日現在)

講演・セミナー
・顧問先拡大&広大地判定セミナー
・土地評価・調査の実務手順セミナー
・相続・遺産 お悩み相談会
・相続税土地評価・調査の実務手順セミナー
・広大地評価の留意点と考え方セミナー
など多数

研修実績はこちら


商品内容

商品内容紹介写真 16,200円(税込・送料込)

商品内容紹介写真 13,800円(税込・送料込)

お申し込みはこちら
特殊な土地の評価実務セミナー