土地評価の入り口となる地目と評価単位の判定実務を一度は確認しておきましょう

土地の評価にあたって、地目と評価単位の判定は評価作業の入り口であり、
評価額に大きな影響を与える極めて重要なテーマです。

財産評価基本通達の中で地目と評価単位については規定があるものの、評価人
及び相続人の判断や考えに大きく左右されやすく、恣意性が介在する余地が
大きいため、国税不服審判所でも争いが多い論点ともいえます。

また、地目は日々刻々と変化するものでもあり、登記地目、固定資産税課税地目
と相続開始日の地目が異なることも日常茶飯事です。

また、複雑な案件になると、評価総額を下げたいという意向や遺産分割、
土地の筆、評価報酬等との関連で、評価する人の数だけ評価の単位数も存在する
といっても過言ではありません。

そのため、地目や評価単位の判定の誤りが過大評価につながっているケースが
散見されます。

評価単位の判定は非常に難しく、いわゆるグレーゾーンが多いため、
このセミナーですべてのケースを取り上げることはできませんが、少なくとも
地目及び評価単位についての原理・原則、基礎・基本を確認できます。

同時に市販の書籍であまり扱われていないが頻出する悩ましいケースもひとつの
解決策として紹介しますので、参考にしてみてください。


本講座の対象:所長税理士先生、資産税担当者
・ 土地評価の入り口となる地目と評価単位の判定実務を確認したい先生
・ 書籍に載っていない実務的な判断事例を確認したい先生
・ 過大評価を防ぎたいと思っている先生
・ 相続土地評価を正しく行いたいと思っている先生
・ 今後相続案件の増加が見込まれる事務所の先生

講義内容の一部

  • Ⅰ.地目及び評価単位判定の原則

  • Ⅱ.評価単位判定例(ケース1~21)
  • ケース1   <使用貸借の場合>
    ケース2   <畑の一部が生産緑地の場合>
    ケース3   <店舗敷地の場合>
    ケース4   <店舗敷地と一部第3者へ賃貸されている駐車場の場合>
    ケース5   <店舗敷地と来客用駐車場の一部が評価対象地である場合>
    ケース6   <賃貸マンション敷地と入居者専用駐車場の場合>
    ケース7   <アパートと入居者専用駐車場の場合>
          道路からみて左右に並んでいる場合
    ケース8   <アパートと入居者専用駐車場の場合>
          道路からみて手前と奥に並んでいる場合
    ケース9   <道路からみて手前に自宅、奥に畑がある場合>
    ケース10 <道路からみて手前に自宅、奥にアパートがある場合>
           土地建物すべて被相続人所有の場合
    ケース11 <道路からみて手前に月極駐車場、奥に自宅がある場合>
          自宅への専用通路がある場合
    ケース12 <道路からみて手前に月極駐車場、奥に自宅がある場合>
          自宅への専用通路がない場合
    ケース13 <道路沿いに自用の小さな倉庫がある場合>
    ケース14 <自己の居住用建物と事業用建物がある場合>
    ケース15 <平屋の貸家が複数棟建ち並んでいる場合>
    ケース16 <建物敷地の一部を第三者が所有している場合①>
    ケース17 <建物敷地の一部を第三者が所有している場合②>
    ケース18 <建物敷地の一部を第三者が所有している場合③>
    ケース19 <赤道・水路が介在している場合①>
    ケース20 <赤道・水路が介在している場合②>
    ケース21 <赤道・水路が介在している場合③>

  • Ⅲ. 固定資産税の課税地目と評価単位及び現況地目との関連

  • Ⅳ.国税不服審判裁決事例
  • 1.家賃保証で5棟のアパートが一括借り上げされている事例
    2.アパートと隣接する駐車場を、建物敷地と一体として貸家建付地評価できるか
     が争点となった事例


講師プロフィール

鎌倉  靖二氏プロフィール写真
鎌倉靖二書籍一覧
鎌倉 靖二(かまくらせいじ)
不動産鑑定士

みらい総合鑑定株式会社 代表取締役。福岡市生まれ。
修猷館高校、明治大学政経学部卒業後、
大和ハウス工業株式会社を経て、相続・同族会社専門
の不動産鑑定事務所として2010年創業。
「会計士・税理士先生の業務負担軽減と申告時の安心」
「相続人の方々のための節税」
を業務の2本柱としており、ホームページ経由で
相続人からの相談も多い。

現在、日本全国の税理士事務所、会計事務所向けに
広大地案件をはじめ相続・贈与における土地評価の
サポートを行っており、同族会社間取引時の
鑑定評価を多数行う他、財産評価基本通達の規定では
時価よりも高く算出されてしまう無道路地など
の鑑定評価、広大地案件や特殊な土地評価の
サポート実務のために、関東近県のみならず、
九州から北海道まで東奔西走の日々を送っている。
主な著書に
『土地評価の実務 減価要因の見つけ方・気付き方』(清文社)
「相続税・贈与税 土地評価実務テキスト」(税務研究会)
『広大地評価ケーススタディ』(中央経済社)
等がある。

税理士会等でのセミナー研修、講演多数。
税理士会では以下にて研修実績あり。
麻布支部、荒川支部、杉並支部、世田谷支部、江戸川支部、市川支部、横須賀支部、保土ヶ谷支部、戸塚支部、川崎北支部、藤沢支部、浦和支部、富山県税理士会、山形県税理士会、会津若松支部、東淀川支部、名古屋中支部、小牧支部、中国税理士会(5県6会場統一研修会)、南九州税理士会鹿児島県

広大地評価に関連するスキル・業務経験

私の過去の経験、鑑定評価のスキルがありますので日本全国対応可能です。

無料診断及び机上調査は日本全国47都道府県すべてで実績があります。

現地に赴いての調査及び評価は、以下の都道府県で経験があります。
北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、栃木県、茨城県、新潟県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、山梨県、富山県、石川県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、京都府、香川県、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

税理士会等での研修・セミナーは以下で経験があります。
北海道、宮城県、福島県、山形県、栃木県、茨城県、新潟県、群馬県、千葉県、埼玉県、神奈川県、東京都、山梨県、富山県、石川県、福井県、静岡県、長野県、愛知県、三重県、大阪府、京都府、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、山口県、福岡県、長崎県、鹿児島県、沖縄県

(平成30年3月1日現在)

講演・セミナー
・顧問先拡大&広大地判定セミナー
・土地評価・調査の実務手順セミナー
・相続・遺産 お悩み相談会
・相続税土地評価・調査の実務手順セミナー
・広大地評価の留意点と考え方セミナー
など多数

研修実績はこちら


商品内容

商品内容紹介写真 13,500円(税込・送料込)

商品内容紹介写真 10,800円(税込・送料込)

お申し込みはこちら
評価単位と地目判定の実務セミナー